2005年11月14日

受給資格者創業支援助成金

皆さん、こんにちは!

さて、昨日の続きです。

受給資格者創業支援助成金はいったいいくらもらえるのか?

またまた、滅茶苦茶、大雑把にいうと、・・・・・

創業後、3ヶ月間にかかった経費の3分の1(最高200万円)
です。

不動産屋さんへの敷金、保証金等、いわゆる後から戻ってくるもの、
人件費は経費には入れられません
が、あとの大半のものは経費に
入れられます!!

やはり創業後、3ヶ月間で、でていく経費は非常に大きいですから、
これを活用しない手は、ないですよね!!

具体例で見ていきましょう。

事例1
サラリーマンAさんは、50歳になったのきっかけに思い切って会社を
退職し,永年の夢であった自分の会社を設立し、フランチャイズ本部に
加盟し独立しました。

1:事務所の賃借料で月15万×3ヶ月
2:備品代(パソコン、FAX等)で55万
3:広告費で100万(集客のためのチラシまき、ホームページ作成等)
4:加盟金で300万
5:研修費で100万(従業員研修)
のお金が最初の3ヶ月でかかりました。

(受給資格者創業支援助成金をもらうためのほかの条件は満たしているとします。)

さていったいいくらもらえるでしょか?

正解は

(15万×3+55万+100万+300万+100万)×3分の1=200万

です。広告費、研修費までみとめられるんですよね

また、営業権など形のないもの、ヘッドハンティングで優秀な社員を採用したときの
スカウト会社への謝金が認められた例があります。
(これは実際わたしが申請したのですが、スカウト会社への謝礼はなんと350万でした。)

絶対利用しない手はありません!!

脱サラ起業する方は、起業前に是非とも相談してください!!
posted by 野村大作 at 14:35| 起業前に、知っておくべき助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受給資格者創業支援助成金(その2)

皆さん、こんにちは!

さて昨日の続きです。

今日は受給資格者創業支援助成金の概要について。


必要条件
1:受給資格者が創業すること。(法人設立だけでなく、個人での開業もOK
2:受給資格者が通算して5年以上雇用保険に加入していたこと。
3:法人設立または個人開業の前日において当該受給資格にかかる支給残日数が
1日以上
あること。
4:法人設立または個人開業の前日までに届出をすること。
5:法人の場合は受給資格者が出資し、代表者であること。
6:開業後、1年以内に一般被保険者として1人雇い雇用保険に
入れること。

(注意)上記は法律条文をわかりやすく噛み砕いてかいていますので
正確には役所の案内等を参照のこと。


さらに噛み砕くと・・・・・・

1:受給資格者・・・・職安に行って失業給付の手続きをした人
        実はこれ最も重要なんです。!!
        平成17年3月31日までは脱サラして起業する場合
        職安に行かずに急に起業した人についても
        特例で受給資格者に準ずる者として助成金が
        認められていました。
        ところが、4月1日以降は本物の受給資格者意外は
        ダメになりました!


        私がこれから何度も言いますが、
        「まずは、職安に行きましょう」
        という最大の理由です!!

        失業給付の手続きをした人。・・・・・・
        これも重要です。!
        これは最初に職安に行った時にまずは求職の手続きを
        してください  
ということです。
2:5年以上サラリーマン経験あればOK
3:失業手当をもらう権利が1日でも残っていればOK
6:正社員を1人雇ってください。

以上が必要条件の概要ですが,滅茶苦茶、大雑把にいうと・・・・・

5年以上サラリーマン経験のある人が、最低1人、人を雇って起業する場合
は当てはまる!!ということです。

ネ。結構当てはまる人、多いでしょう?
手続き次第でもらえる人多いんですよ!!

明日はいったいいくらもらえるのか?について、書きます。

なお、自分で心当たりのある方、メールいただければ相談にのりますよ!!
nomura@ohendan.netまで
(秘密厳守します。社労士には守秘義務があります。)

posted by 野村大作 at 11:33| 起業前に、知っておくべき助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

受給資格者創業支援助成金

皆さん、こんにちは。

今日から、助成金の説明に入ります。

起業する前の人(勿論いろいろな条件はありますが)
が、もっとも貰いやすいのにも関わらず、貰いそびれている
事が、もっとも多い筆頭格が・・・・


受給資格者創業支援助成金です。


この助成金の概要はをまずはコチラをご覧下さい。

詳しい内容については明日以降たっぷりとお話しますが、

なぜ貰いそびれるかというとそれは・・・・・・・

法人設立で起業の場合は登記日の前日までに個人で起業の場合は
起業に着手した日の前日までに届出をしなければいけない。


ということになっています。
この前日までに・・・これが曲者なんですよね。

まずはこれでひっかって貰えなくなる人がいっぱいいます。
(私のところに相談にこられる時にはすでに起業した直後の
人が多く貰いそびれている人いっぱいいますよ。)

また特に個人開業の場合は注意点がいっぱいあります。

何しろ行動するまえに専門家に相談したほうが良いと思います。
(できれば私に(笑))

明日からはこの助成金についてもっとツッコミます!お楽しみに!!


posted by 野村大作 at 10:04| 起業前に、知っておくべき助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。